鉄道コンテナ輸送(通運)は、オンレール(幹線部門の鉄道部分)のJR貨物と、オフレール(鉄道利用運送事業者)の弊社とが一体となってお届けする複合一貫輸送サービスです。
北海道から九州まで全国に張り巡らされたネットワークを活用し、お預かりしたお荷物をドア・ツー・ドアで安全・確実・スムーズに、しかも低コストで輸送いたします。
 安全・安定輸送
 鉄道は道路輸送に比べて安全性ではるかに優れているだけではなく、ダイヤどおりの正確な運行なので、計画的な出荷に最適です。
道路渋滞で遅れる心配がないほか、時刻が決まっているので集荷配達前後の作業効率も上がります。
 コンテナは小さな倉庫
 貨物駅での一時無料補完(5日間)も可能です。お届け先に近い貨物駅をストックポイントすることで、クイックレスポンスが可能になります。
 中長距離ではよりコストメリットが
 運転士ひとりでコンテナ貨車最大26両、650tもの貨物を一度に運ぶ貨物列車の効率性が、中長距離輸送でのコストメリットにつながっています。
 片道輸送が可能
 トラックとは違い、帰り荷の心配がいりません。
 小ロット荷物にも適しています
 5t(19立方メートル)単位で運べるので、SCMに対応し、最適なロットでお届けできます。
 環境にやさしい鉄道輸送
 鉄道輸送はトラック輸送に比べてCO2の排出量が8分の1程度と少なく環境にやさしい輸送です。

Copyright 2007-2018 Japan Freight Rail Way Hokuriku Logistics Company.